光のしずく
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2022光のしずく事業 趣意書
光のしずく事業実行委員会
実行委員長 福地雅人

 時下 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 平素より、当実行委員会の運営に関しましては格別のご支援・ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、当実行委員会がこれまで実施して参りました光のしずく事業(イルミネーション事業)も、皆様の多大なる支援のもと今回16回を迎えることがでました。
  まだまだ、全国的に新型コロナウィルスによる影響で大変な状況ではございますが、イルミネーションは野外実施イベントで密にはなりづらいことと、新型コロナウィルスにより非常に大きな影響を受けている飲食店へ少しでもの支援になればと考え、「市民みんなで創造する福島市の冬の風物詩」として、例年通り点灯していくことといたしました。なお、2019年以来3年ぶりに点灯式やフォトコンテストを実施いたします。

 今年度は、新しくできた街なか交流館(地下歩道入口部分)やパセオ通りに新しく設置予定のフォトスポットと、従来の駅前東口広場のイルミネーションも含めて、街全体での回遊性を高めていきたいと考えております。また、ふくしま街コスメンバーの協力を得てSNSを通じて光のしずくイルミネーションの情報を積極的に全国に発信していきます。

 今年度も昨年度同様に協賛金による事業費の確保も困難が予想されますが、関係者がより一層協働することにより、本年度も当事業を運営していきたいと思います。
  最後に本年より、実行委員長が岩山知弘から福地雅人となりましたことをご報告させていただきます、引き続き当実行委員会の活動へのご協力の程よろしくお願いいたします。




趣意書PDFデータ


【協賛金のお問い合わせ】
○電話
(株)福島まちづくりセンター   024-522-4841
○メール
  f-info@hikarinosizuku.com


ご協賛いただきました方々は、現地に設置する看板・ホームページにてご紹介させていただきます。
【協賛金額】1口1万円より


広告内容現地総合看板

【場所】
パセオ通りと並木通り交差点壁面
【期間】
事業終了後約1年間
【掲示内容】
  タテ2.73m×ヨコ3.64mの看板内に社名を掲示

★ご協賛額に応じて文字の大きさが異なります
★締切日以降のお申込は、現地総合看板、ホームページのみの掲載となります
 

 
 



Copyright (C) 2007 Fukushima HikarinosizukuI. All Rights Reserved.